クラミジアは日本で一番多い性病と言われている病気です。クラミジアと聞くと女性の病気という印象を持っている人も多いようですが、実は男性にも多くいます。しかし、男性の性器クラミジアは自覚症状がない場合も多いことから、女性の病気という印象があるのでしょう。

緑の細菌

クラミジア検査の内容を紹介

白いカプセル

クラミジア感染症になったと思ったときは、通常病院でクラミジアの検査をしてもらうのがいいでしょう。
泌尿器科や婦人科、性病科を受診するのが適しています。
簡単な検査で診断ができます。

クラミジア感染症の診断では、遺伝子診断法としてのPCR法、TMA法、SDA法などが標準的な方法です。
男性の場合は尿道炎になる場合が多いため、初尿による検出方法が優れています。
女性の感染の場合、不正性器出血や下腹部痛、膀胱炎などや子宮頚管炎の場合が多く、子宮頚管の分泌物か子宮頚管擦過による方法が広く用いられています。
これらは非常に鋭敏で有用ですが、PCR法の場合は血液や精液などが混入すると擬陰性となることもありますので注意してください。

クラミジアは性別に関わらず、無症候性感染というこれらの病気として現れない患者も半数以上いますので、注意が必要です。
クラミジアは性感染症ですので、パートナーが感染していることが分かった場合や心当たりがある方は、病院の泌尿器科や婦人科にて検査を受けてください。
費用もそれほど高いものではありません。

もし気がつかずに放置しておくと、特に女性の場合は子宮頚管炎から上行性に感染をおこし、結果的に不妊症につながることがあります。

自分がクラミジア感染症だとわかったら、パートナーの治療も一緒に行なう必要がありますので、パートナーにも検査を受けてもらってください。
オーラルセックスのみでも感染しますので、感染の可能性のあるパートナーの十分な検査と治療が必要です。
周りに感染を拡大させないためにも必要な処置です。

クラミジアは抗菌薬の適正な服用で治りますので、不安がらずにまずは病院を受診することが重要です。
病院に行く時間が取れないとか病院を受診するのが恥ずかしいという場合には自宅でできる検査キットも販売されています。
自宅で尿や血液などを採取し、郵送で販売元に送り、指定の保健所又は企業の検査機関にて検査をする方法です。

クラミジアの検査キットについて

クラミジアの検査キットは、薬品会社の通販サイトなどから手軽に購入できます。
ちょっとでも感染が疑われると思ったら、まずはこれを購入して自分で調べてみるのも有効です。
病院へ行く時間のない方、お医者さまとの対面ではちょっと恥ずかしいと思われる方にはとても便利な方法です。

これは検査キットを使用して自分で尿などを採取しますが、それを指定の保健所や検査機関に送って調べていただきますので、結果については信頼できる安心な方法です。
検査結果の連絡は郵送、電話、メールから選べるなど、プライバシー保護も万全となっていますから安心です。

キットは男性専用と女性専用とに分かれて販売されています。
男性用は尿検査をするセットで付属のカップに尿をとり、保存容器に移しかえて送り返す簡単な方法です。
女性用は子宮口・子宮頸管擦過物を検査するもので、綿棒の先を膣に挿入し子宮口を拭いてから、綿棒を容器に戻しキャップをしめて送り返すというこちらも比較的簡単にできるキットです。
検査物は、郵便事情にもよりますが、約1~3日で検査所へ到着し、数日で結果を知ることができます。
費用としては、通販サイトの場合5000円程度で購入できますので比較的安価です。
他の性病に対するキットも販売されているので、他の病気への不安がある場合にはいろいろ選択できます。

検査キットの利用はあくまでも早期発見の補助として用いるものですから、クラミジアが感染していると分かった場合はすぐに病院を受診し治療を受けてください。
適切な治療でクラミジアは完治しますが、もし医師からの指示より前に薬を中止してしまうと無症候感染が持続する場合もあります。
治療後の治癒確認は検査キットでは無くて必ず受診された医療機関で行なってください。