クラミジアは日本で一番多い性病と言われている病気です。クラミジアと聞くと女性の病気という印象を持っている人も多いようですが、実は男性にも多くいます。しかし、男性の性器クラミジアは自覚症状がない場合も多いことから、女性の病気という印象があるのでしょう。

緑の細菌
  • ホーム
  • 再発が多いヘルペスの症状と治療にはゾビラックス

再発が多いヘルペスの症状と治療にはゾビラックス

病院

ヘルペスはヘルペスウイルスが体内に入り増殖することで発症する病気で、一度体の中にウイルスが入ると神経節という部位にウイルスが潜伏するようになるために、体の免疫力が落ちた時にヘルペスの症状が出るようになるという特徴があり、再発を繰り返すことが多いと言われています。

ヘルペスウイルスを原因としている病気には帯状疱疹や単純疱疹と呼ばれる口唇ヘルペスや性器ヘルペスといった種類があります。
症状は病気の種類によって違いますが、帯状疱疹の場合には神経に沿って水ぶくれのような赤い発疹がでることが特徴で強い痛みがあります。
小さな頃に水疱瘡にかかり、体の中にヘルペスウイルスが存在している人が発症することが多く、体が疲れている時など免疫力が低下している時に再発を起こしやすくなります。

単純疱疹という病気は症状が出る部位によって口唇ヘルペスと性器ヘルペスに分けられますが、このふたつはもともとヘルペスウイルスの中でも違った種類のウイルスによって起こっていました。
しかし最近では性行為の多様化などに伴い、症状がでている部位だけでは原因となっているウイルスの特定をすることが難しくなっています。
しかし、種類は違っていても同じヘルペスウイルスなので、治療をする時の方法に違いはありません。

口唇ヘルペスは唇に赤い発疹ができることが特徴で、しびれるような痛みがあります。
性器ヘルペスは性器の周辺に症状が出る病気で、性行為によって感染が広がることが多い病気ですが、感染力が非常に強いため皮膚の接触だけでも感染をすることがあります。

ヘルペスはウイルスが体の中に入っても発症しないこともあり、自分がヘルペスに感染していることに気付かないということがよくあり、そして感染に気付かないままに他の人に感染を広げていることもあるために、どこで感染をしたのかという感染経路が明らかにならないということも多いようです。
症状が出ていなくても感染をしていることがあるので注意が必要です。

ヘルペス治療薬のゾビラックスについて紹介

ヘルペスウイルスに感染した場合には、ゾビラックスというアシクロビルを主成分とするヘルペスウイルスの増殖を防ぐ薬で治療をすることで症状の悪化を防ぐことができます。
ゾビラックスはヘルペスウイルスを死滅させる働きはありませんが増殖を防ぐことができるので、症状が出はじめてウイルスが増殖をする前に治療を開始することで重症化することを予防する効果があります。

ヘルペスはウイルスが増殖して起こる病気なので、アジスロマイシンのような抗生物質では治療ができない病気です。
アジスロマイシンは抗生物質で病気の原因となる細菌を死滅させる働きがありますが、ウイルスには効果をあらわしません。

ゾビラックスを服用する時の大事なポイントは、症状が出はじめた時期に早めに服用をすることです。
ウイルスの増殖を抑える効果はありますが、ウイルスが増えてしまってからでは効果を十分に出すことができません。
そのため少しでも症状が出はじめたらすぐに飲むようにすると、その後悪化することなく症状を抑えることができます。

ヘルペスは感染経路がはっきりしないために、自分では気付かないうちに感染してしまっていることもあり、その後は再発を繰り返すこともあります。
どのような症状が起こるかを覚えておいて、症状の出はじめの時期に治療を開始するようにしましょう。

そのためにはゾビラックスを手元に準備しておくことが重要で、通販サイトを利用して購入をしておくと、症状が出はじめた時にすぐに内服を開始できます。
通販サイトは誰でも利用することができるので、感染をしてしまって再発を繰り返す恐れがある人はゾビラックスを事前に購入しておくことをおすすめします。
早めに治療をすることで苦しい症状が緩和されます。